ブログ

[2015.09.08]
よつば通信vol.9

よつば通信Vol.9

souzoku9.JPG

[2015.08.06]
よつば通信vol.8

よつば通信Vol.8

souzoku8.JPG

 

今年ももうすぐ8月6日がやってきます。

あの忌まわしき日から70年目の暑い夏です。

Z20140601_073-1.jpgのサムネール画像

広島や長崎に住んでいれば、報道なども多く「原爆」や「平和」などのキーワードを

よく耳にします。しかし、その他の地域にお住まいですとそうでもないかも知れませんね。

 

それでも、今年のNHKが行った広島市民に対する調査では、原爆投下について

「戦争を終結させるため仕方がない」が「許すことができない」を初めて上回った

ようです。

アメリカでは、「戦争を終結させるため」といった教育がされているようですが、戦争

そのものを悪とする教育は必要だと思います。

 

昨年の8月6日平和記念式典で、小学生の子供たちが、こうスピーチしています。

「平和について、これからについて、共に語り合い、話し合いましょう。たくさんの

違う考えが平和への大きな力となることを信じて。」

 

子供たちの未来を考え、平和について考えることができる、70年目の夏にしていきたいと

思います。

                                 大 嶋

 

img_oshima.gifのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

[2015.07.13]
遺言控除

よつば会計森下です。

img_morishita.gifのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

先週、「遺言控除」という言葉をネットニュースでみかけました。

政府・与党が有効な遺言による相続を条件に、一定額を相続税の基礎控除額に上乗せして控除する「遺言控除」の新設を検討しているようですね。「遺言控除」という言葉、なんだか不思議な感じがするのは私だけでしょうか?

自分の思いを紙に書く、というのはよくあることかもしれませんが、正式なもので遺言を残すとなると、少しハードルが高く感じます。現在は、相続税の課税対象のうち遺言を残した案件は2~3割程度にとどまっているそうです。

政府としては、遺言を普及させて遺産相続による紛争を抑制し、若い世代へのスムーズな資産移転を図る狙いがあるようです。

早ければ平成29年度税制改正での実施を目指すようですが、控除額がどれくらいのものになるのか、控除を受けるために有効な遺言の形式はどのようなものになるのか、これからの政府の発表に注目です。

 

 

[2015.06.25]
カビている話

家の玄関口がカビています。武田です。

壁が薄汚れてきたなとは思っていたのですが、よく見たらカビでした。

 

カビが生えてしまった原因としては

① 日中は戸や窓を閉め切っていること

② 煮炊きの時に換気扇を回すのをサボったこと(音が大きくてうるさい)

③ 冬場に洗濯物を室内干ししていたこと

などが考えられます。

全般的に換気が足りてないですね。

 

玄関のすぐ脇には洗濯機が置いてあるため、構造的に湿気が多い場所になってしまうのは仕方ないのですが、

カビまで生やしてしまうとは、油断しすぎたようです。

消毒用エタノールがなぜか家にあるので、これを少し塗ってみればカビの広がりを抑えられるかもしれません。

あるいは、在宅時にドアを少しでも開けるようにして、除湿剤を置くとか。

・・・水とりぞうさんを探しに行きましょうかね。

 

カビとの戦いは、庭の雑草との戦いにも似て、完全なる勝利は難しいと聞きます。

大抵のモノにはカビが付着するようなので、これ以上広がらないように気をつけていきたいと思います。

 

img_takeda.gifのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[2015.06.18]
よつば通信vol.7

よつば通信Vol.7

souzoku7.jpg

souzoku7.2.jpg

九州が大雨で大変な状況のようです。

火山の噴火も相まって、自然現象だけでなく日本はどうなろうとしているのでしょう。

 

先週の日曜日に、テニスサークル内の男子ダブルス大会(12チーム)があり、パートナーのお陰で優勝できました。

最近では公式試合には出場していないので、勝利の喜びを忘れていたように思います。

現在、趣味の域ですがモチベーションを保って、まだまだ向上したいなと思っています。

趣味があって良かったと思う今日この頃です。

70才までは続けるぞ!

img_fujikawa.gif

 

 

 

 

 

 

 

fujikawa

 

よつば会計の北木です。

 

 今年は消費税法を受験予定です。

 

 例年の試験日程は8月の第一週なのですが、今年の試験日程は8月18日~8月20日です。お盆明けです。なぜ変更になったのでしょう。

 

 毎年、お盆はゆっくりしていたのですが、今年は無理そうです。

 

 でも、勉強する時間が増えたのは間違いありません。モチベーションを保ってお盆にラストスパートをかけて頑張ります。

 

北木イラスト.gifのサムネール画像

 

 

 

 

 

税理士の檜山です。

img_hiyama.gif

 

 

 

 

 

 

3月決算の申告が一段落つき、ほっとしています。

今週末は気兼ねなく島根のウルトラマラソンに参加できそうです。予報では雨となっていますので、シャワーランを楽しんできたいとおもいます。

 

27年1月以降に法人が取得した一定の書画骨董について減価償却を行うことができるようになりました。

 今までは書画骨董は「時の経過によりその価値が減少しないもの」として原則減価償却の対象ではありませんでした。ただし、美術関係の年鑑等に記載されている作者以外の作品でその取得価額が20万円(絵画にあっては号2万円)未満のものについては減価償却資産として取り扱うことができるというものでした。

 

 今回の改正で年鑑登録の基準を廃止し、1点20万円未満という基準を100万円に引上げられます。絵画についても号数に関係なく100万円の基準です。

また、100万円以上の書画骨董については、①会館のロビーや葬祭場のホールなど不特定多数の者が利用する場所の装飾品や展示用(有料公開を除く)として取得、②移設することが困難でその用途にのみ使用されることが明らかなもの、③他の用途に転用すると仮定した場合、設置状況や使用状況から見て書画骨董としての市場価値が見込まれないもの、以上3要件を満たす場合には例外として減価償却資産として取り扱うことができます。

 

27年1月前に取得し減価償却を行っていない書画骨董についても、改正後の通達に従って判定した結果減価償却資産として取り扱うことができるものについては、27年1月以後に開始する最初の事業年度から減価償却資産として償却することができます。

 

付き合いで購入した美術品や社長室に飾ってある絵画など、今期から減価償却できるかもしれません。心当たりある方は会社の固定資産台帳をめくってみることをお勧めします。

 やっと花粉の時期が過ぎ、鼻水が止まりましたが、今度は暑くなってきて、汗が止まらなくなります。

よつば会計の中田裕介です。

 

 建物を新築・取得した時に、その建物の法定耐用年数を確認しなければなりません。

しかし建物については、その構造によって法定耐用年数が変わってきます。

鉄筋コンクリート造だとか、木造だとか、そういった構造です。

 

そういった時、書類を見ながら構造を探るのですが、【SRC造】とか【RC造】とか書いてあることがあります。

そう言われましても、なじみが無いと分かりません。

【SRC造】=鉄骨鉄筋コンクリート造

【RC造】=鉄筋コンクリート造

【S造】=鉄骨造

【CB造】=コンクリートブロック造

【W造】=木造

だそうです。

 

参考までに。

 

img_nakatay.gifのサムネール画像

 

 

 

 

 

最新の記事

カテゴリ

担当者名

バックナンバー